アルバニアの使い方を写真画像付きで解説!

アルバニアホワイトニングクリームは、美しい肌を目指す方の多くが使用する美容クリームです。

しかし、どれだけ優れた製品でも使い方を誤ってしまっては効果を充分に感じられません。

アルバニアホワイトニングクリームの使い方についてじっくりと解説します。

 

アルバニアホワイトニングクリームはこう使うべし

トラネキサム酸クリチルレチン酸ステアリルといった美容成分をふんだんに含んだアルバニアホワイトニングクリームは、シミ及びくすみを薄めつつ、肌をしっとりと保湿する効果が期待されています。

美容クリームの効果は成分によって決まることが多いですが、実は使い方によっても変わってきてしまうのです。

アルバニアホワイトニングクリームの公式サイトによると、正しい使い方は以下の通りとなっています。

 

顔全体にしっとりと馴染ませる

アルバニアホワイトニングクリームは本体が30gとなっており、これが少量に感じられる方もいることでしょう。

しかし、一度のケアにおいて使用すべきとされているのは、真珠一つ分程度です。

これを掌に載せて伸ばしてから、顔全体に馴染ませるようにして塗っていきます。

塗る順番は、

頬の中心からこめかみ

額の中心からこめかみ

目元周辺に馴染ませる

顔全体に密着させる

が適切な塗り方なのです。

頬はシミやくすみが目立ちやすいポイントなので、最初にクリームを塗っていきます。

額に振る際には、フェイスラインを引き上げるイメージで指を動かしましょう。

目元や顔全体に塗り込むときは、皮膚を傷つけないように優しく撫でてあげるのがコツです。

 

アルバニアホワイトニングクリームの効果を高める使い方

スキンケアは、行う時間帯によってもその効果が大きく変わってきます。

アルバニアホワイトニングクリームは肌を労わるためのクリームですので、就寝前にスキンケアをするのが何よりも重要です。

肌のゴールデンタイムとされている午後10時から2時までの間に就寝できるように、アルバニアホワイトニングクリームを塗る時間帯を調節しましょう。

時間帯と共に、次のポイントに気を付けると、アルバニアホワイトニングクリームの美容効果を強く実感できることでしょう。

 

撫でるように優しく塗り込む

クリームを肌に浸透させようとゴシゴシ擦る人がいますが、それはスキンケアの観点からいうと逆効果です。

スキンケアは素肌に触れる作業であり、このときに肌を強く刺激してしまうと、皮膚が擦れてダメージを受けてしまいます。

これを防止するためにも、アルバニアホワイトニングクリームを塗る際には、赤ちゃんの素肌を撫でるような優しい手つきが重要です。

 

開封後は早めに使い切る

アルバニアホワイトニングクリームには、

牡丹エキス カッコンエキス

コメヌカ油 ユキノシタエキス

クロレラエキス アロエエキス

といった6つの植物由来の美容成分が含まれています。これらの無添加成分は空気に触れることで酸化が進み、本来の美容効果が薄れてしまう恐れがあるのです。

クリームを掌に取り出したらすぐ蓋を閉めることも大切ですが、一度開封したアルバニアホワイトニングクリームはなるべく早く使い切ってしまった方が良いでしょう。

 

継続的に使用すること

スキンケアは継続の積み重ねだとよくいわれます。

そもそも私たちの肌がくすみ、シミが生まれてしまう過程自体が、長年の紫外線や外部からの刺激によるものであることが多いのです。

これに対処しようとするならば、スキンケアもまた長丁場となるのは当然の帰結といえます。

アルバニアホワイトニングクリームに関しても、一度塗っただけでシミが全て消え去ってしまうような魔法のアイテムではありません

使ってもすぐに効果が出ない
もう一週間も使っているのにシミが消えない

といった口コミも見かけますが、その批判は筋違いというものです。

毎日数カ月間使用することで肌の調子を整えて、美容成分を気になる箇所に浸透させていくのが大切なのです。

就寝前のスキンケアとしてアルバニアホワイトニングクリームを継続的に使用し、数カ月後に見違えるような肌になった自分と再会しましょう。

 

まとめ

アルバニアホワイトニングクリームを使用するうえで気を付けたいのが、肌に塗る順番や塗り方です。

時間帯や継続的な使用にも配慮しながら、潤いたっぷりの美しい肌に近づくためのケアに力を入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です